読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

ストックホルム1日目

今回の旅行はストックホルムからスタートなので、悲しいかなユーロ圏外。とりあえず5万円分をSEKに両替。
前回のヘルシンキ旅行より機内が狭い飛行機で成田を定刻通り離陸し、乗り継ぎのヘルシンキ・ヴァンター国際空港へは定刻15分前に到着。
個人旅行で初めての乗り継ぎでドキドキ。
パスポートコントロールの長い列を抜ければスムーズに乗り継ぎゲートへ。20分程待った後ゲートを抜けてバスに乗り、空港の端でスタンバイしていたプロペラ機へ。なぜストックホルムへの乗り継ぎでプロペラ機なのかというと、行き先がアーランダ空港ではなくまさかのブロンマ空港だから。
ネットを駆使してもほとんど情報が出てこないという謎の空港ですが、今回の旅行ではこの後も数回お世話になる空港となるのでした。

到着したブロンマ空港は日本の地方都市にありそうなこじんまりした空港。
リムジンバスがあることは事前に調べていたけどチケット売り場や券売機が見つからず。きょろきょろするとどうやら空港内のキオスクみたいなところで購入できるらしいことに気づく。
さらに乗り場もよく分からないので、空港の真ん中にぽつんとあるインフォメーションカウンターで聞くことに。
全般的に空港内の案内表示が不親切だったかもー。
空港を出ると左手前方の方向にバスを発見したのでスーツケースを引きずりつつ急いで乗車。
着いた先はシティターミナル。
ちなみにアーランダ空港からのバスもここに着きまして、所要時間は実はブロンマ空港の方が短いらしいです。
中央駅近辺は新宿みたいに道が上下に交差しているので少し迷い、本来なら徒歩5分程の場所にあるアドロンホテルへ10分ほどかけて到着。
角にある建物で、ヨーロッパ映画で見るような外観だけど、ロビーは現代風で清潔。人も親切。
フロントでは空港で販売していなかったストックホルムカードの案内を発見。(アーランダ空港では買える)。
シティターミナルまで買いに行かなければと思っていたので助かりました。
部屋はきれいで、狭いと言えば狭いけれど私たちには十分。ちなみにシャワーのみでバスなし。
到着後は、日が暮れるまで夕飯買い出しついでに街を散策するつもりだったけれど、夫が時差でダウン。
私はひとり、窓から外を眺めたり連泊なので荷物を整理したりしながら時間を潰す。
窓からはバーガーキングやチェーン店らしきカフェが見え、駅から近いからか暗くなっても人はたくさん歩いていました。
20時となりスーパーの閉店時間まであと1時間(日曜は21時閉店)。
迫る閉店時間に一人でスーパーで買い出しに行こうかとダウン中の夫へ提案したけれど、私の信用のなさか夫も無理して外出することに。
事前に調べていた地下鉄T-Centralen駅直結のスーパーHemk〓pへ。
温かい食べ物は終わっていたので、サラダやパン等を購入してホテルへ。
ご飯を食べたら明日もあるので、シャワーを浴びて就寝です。