読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

2015ドイツ旅行 まとめ

シルバーウィークでハイシーズンだったけれど、現地でお金をそれほど使わなかったので許容範囲。
結果的には凄く楽しい旅でした。

観光地の窓口の人はめちゃくちゃ親切。
窓口から少し離れたところででチケットの種類に困っていると、手招きで窓口まで呼ばれ、片言の日本語で「このちけっとは、いどー(井戸)ときょうっかい(教会)がみれまっす」とか説明してくれる。
ただ、レストランでも売店でも若い女の人は愛想なかったなーという印象はある

フランクフルトは超汚かったけれど、中規模の都市や小さな町は逆にきれい。
フランクフルト観光以外では、ガイドブックを全開にして街を歩くことができました。日本人だけでなく、日本以外のアジア人、ヨーロッパ人みんな地図がんがん見ながら観光してるから。

ルフトハンザ良かった。偶然プレミアムエコノミーのチケットが取れたけど快適でした。
機内プログラムは充実していて日本語対応の映画がたくさん!
行きは『わたしを離さないで』と『Mad Max: Fury Road』を、帰りは『リトル・ミス・サンシャイン』と『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』を観る。(ちなみに『トゥモローランド』は開始20分ぐらいで飽きてやめた)

【服装】
気候は朝晩は冷えるというか割と寒い。日中は曇りなら冷えるけれど、陽が出ると暑い。気を抜いて日焼けしました。
ヨーロッパの陽射しは秋でもなめちゃいけない。
ユニクロのウルトラライトダウンが大活躍。

【トイレ情報】
トイレは結局有料のところは行かずに終わった。
観光地のトイレが日本の観光地より綺麗で基本無料。
途中でふらっと入った教会の回廊にも無料トイレがあったりするので困ることはないと思う。

【ジャーマンレイルパス】
EU圏外の人しか買えない便利パス。
1時間前後の電車移動が多い旅であればこちらのパスの方が安いと思う。私はしっかり計算しましたがすごい差がありました。
2ndにすれば本当にお得だし、今回のった電車は基本的に空いていたので2ndでもよかったけれど、安心感をお金で買えるなら私は1stを選ぶ。
無賃乗車の人を旅の途中で見ましたが、そういう人は1stにはさすがに座らないし。
日本で購入したレイルパスを現地でバリデーションする場合、英語が一切できなくても多分問題なくできる。
パスを差し出して「バリデーション・ビッテ」でOK

あと、DBのチケット販売機で時刻表が印字できるシステムがすごい便利です。
時間だけでなく、乗り降りするホームが記されているので本当に便利でした。これがなかったら相当大変だったと思う。
日本にも導入してほしい!