読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

姫路1泊2日

この日に空いているドーミーインが姫路だけだったという理由で姫路旅行です。

と言っても2日とも姫路に充てるほどの情報を集められなかったので初日は神戸もまわることにしました。新幹線で新神戸に降りたら、駅から徒歩で行けるらしい布引の滝を目指して歩き始めます。自然に囲まれた道が新幹線の駅から5分もないぐらいの場所にある謎。そして完全に軽いハイキング状態。正直、滝には全く興味がないけど在原業平紀貫之もここへきて歌を詠んだという一文に救われて何とか興味を持って見ることができました。この時点で汗ダラダラの今日はなぜか真夏日

滝を見て新神戸駅に戻り、あたりを眺めると三宮まで歩けるっぽいのでいつも通り徒歩を選択。途中で異人館に寄れそうなので道案内に従いましたがそれが大失敗。望んでもない遊歩道へ誘導され望んでもない無駄な階段を上らされしかもそのまま下る羽目に。汗をかいてヒイヒイ言いながらなんとか着いた神戸異人館は20年前に修学旅行の自由時間できた思い出とはなんだか違う……。こんな商業的だったっけ?横浜の異人館をイメージしてきたので、すごくがっかりしてどこにも寄ることなく素通りしました。なんか、軽井沢みたい……。この時点で結構ヘトヘトなのにこのまま三宮駅まで歩いて、さらに高架下に店が並んでいるところも歩いて元町まで行きます。この辺り、匂いや雰囲気でどこかに似てると思ったけど分かった。上野だ。汚い街のにおいがする。神戸……なぜ……。そしてこの時点で新幹線を降りてから一回も座ってないどころかアップダウンを歩きっぱなしです。

ちなみになぜ元町まで歩いたかというと目当ての神戸牛が食べられるお店の本店が元町だったからです。私は疲れていたし本店とか支店とかどうでもよかったんですけど。マジで。でもそのお店での神戸牛は大変おいしかったです。少し甘みがあるのね。

完全に落ち切ったであろう日焼け止めをレストランで塗り直し、体中の汗を拭いて準備万端。ごちそうさまでしたと外に出で落ち着いて辺りを見回すといつの間にやら中華街に入っていたようです。でも特に興味はないので中華街をスルーし海の方向へ再び歩き始めます。もう10月なのに本当に暑くて暑くて嫌になりながら着いたのはメリケンパーク。神戸ポートタワーを目にしてやっと「神戸に来た!」という感じになりましたが、本当に暑い。何もしたくなくてこのまま早く姫路へ行きたい暑さに弱い私。なんとか神戸駅まで着きましたが我々の旅行はこれだけで終わらない。辛い。

明石や須磨の古典文学に出てくる駅名に心ときめかしながら降り立ったのは垂水。そうです。前方後円墳を見に来ました。これがまた日陰のない住宅街の中、地味な坂道を上ること10分。目の前には前方後円墳

いざ古墳を初めて目にしてやっとテンションが上がったと思いきや、ここも暑いわ風は強いわでもうヘロヘロ。夫の気がすむまで見たらまた歩いて駅まで戻ってやっと姫路へ向かいます。それでも前方後円墳の上に立つという珍しい経験をしました。

姫路駅の近くにあるドーミーインにチェックインして、軽く汗を流すためにお風呂へ。すっきりしてから夕ご飯のために再び駅前へ。と言っても食べたいものがなかったのでまさかのカプリチョーザで夕飯です。

後はコンビニに寄ってからホテルに帰り、もう一度大浴場へ行っておやすみなさい。

今日の一番の感動ポイントは須磨駅の眺めでしょうか。40歳近くになったのでこのスパルタ旅行をそろそろやめたい。外国ならいいけど国内でこれはつらい。