読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

姫路2日目

ドーミーインの朝食で姫路の名物をここぞとばかりに食べまくりました。一番おいしかったのはアーモンドバターデニッシュかな。トーストではなくデニッシュだったので軽い軽い。完全に別腹に入っていきました。

チェックアウト後は駅前のバスターミナルから出ている「書写ロープウェイ行」バスで圓教寺へ。幸運なことに出発間際のバスに乗りこむことができました。ゆっくり路線バスの旅のはずが目的地の終点は思ったより近く、あっという間に到着です。

ここからは書写山ロープウェイに乗って圓教寺に入ります。ロープウェイ山頂駅から最初の見どころ摩尼殿までは歩いてもそんなにかからないらしいのですが、見た感じ上り坂であることと昨日の辛い記憶があるので入場料に+500円払ってマイクロバスを選択。その代わり仁王門等見られないものもあるけどいいの。今回はいいの。昨日本当に疲れたから。

エクストリームなバスの旅の所要時間は5分。道せま!立派な摩尼殿を見た後は歩いて三之堂に。どうやらここは「ラストサムライ」のロケ地で、トムクルーズが座った場所だの色々あるらしいのですが、そんなことは一切知らず、また興味もなく来てしまったので普通に純粋な目で見てきました。摩尼殿もうそうですが、ここは少し他の寺院と雰囲気が違う気がします。どう違うかはわからないけど、見たことない感じの建物なのです。

天気も気候も良かったので、食堂の2階の縁側みたいなところに腰かけて少しぼーっとしました。その後は奥の院まで見て観光終了。あとはバス乗り場まで戻って帰りもバスで山頂駅近くまで送ってもらいます。行きも帰りも+500円はアトラクション代だなと思えるバス送迎でした。

姫路駅に戻ったらこの旅のハイライト姫路城へ。

実は駅前に「姫路城天守閣の待ち時間」という謎のお知らせがあったことに昨日から気になっていたのですが、実際に城に行くと即理解できました。天守閣に登るまでに1時間かかるそうです……。百間廊下にはすんなり入れたし、天守閣は中に入らなくてもいいかな~と夫と話していたら、隣で係員に「中に入らなくていいから天守閣をもっとまじかで見られるところはないか」と聞いていた人がいたので盗み聞き。係員さんいわく、「天守閣へ向かう道を逆流し、天守閣出口となる広場に行くと近くから天守閣が見えます」とのことなので、私たちもそれに従うことにしました。

先ほどの指示に従い天守閣への行列を逆流して左に曲がり、お菊の井戸を横目に見つつさらに逆流。すると天守閣を見てきた人たちが出てくる広場に着きますが、そこが一番近くで天守閣を見られる場所のようです。たくさんの人たちが写真を撮っています。私たちも写真を撮り白鷲城を観察し観光終了です。

その後は駅へ向かう途中に有名な「えきそば」を見つけたのでここで昼食を。蒟蒻が入ってるのかな、麺が白く感触も普通のお蕎麦とは違うのですが、美味しかったです。

駅に戻るともう見る場所はないので、お土産探しがてら商店街を歩きましたが、どこにもお土産屋さんがない。駅ビルには入ってるのですが、スペースも狭く買いたいものがない。本当にない。

ひとまず、駅ビルのお土産ゾーン横にあるフードコートで明石焼きを食べながら一休みしたけど、やっぱりどうしても何かを買いたい私は夫と別行動をして意地でもお土産を探しますが、やはり何もない。結局諦め、夫と合流して新幹線の時間までお茶を飲んで過ごしました。