お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

10~14

金田一耕助の帰還』横溝 正史

・一度発表した作品に度々手を加え別の作品に仕立て直すことが多々あるという横溝正史。その貴重な原形版の短篇集

著者にそのような傾向があるとは露知らず。ただ、なるほど端折ったなという部分もたしかに。詳しくないのでこれらの短編からどれがどのように長編となったかもわからないけれど、すべて面白かった。

 

『彼女のこんだて帖』角田 光代

・レシピつきの連作短編小説集

読み始めてすぐの頃に「しまった!『アタシ』系女性の独白風か……!」と後悔したけど(そういうの嫌いだから)、読み進めていき、そうではないことが分かってきて途端に面白くなった。

 

『心をまっさらに、さらし期 つれづれノート31』銀色 夏生

つれづれノート31

内容がとっつきやすくなったけど、仮にこの本が銀色さんが書いたものでなかったら……と思うとなんというか……。

 

『「なるほど! 」とわかる マンガはじめての心理学』ゆうきゆう

・導入にマンガを使って基本的な心理学を説明

基礎の基礎、というか入門書というほどでもないのだろうと思うけど、興味のある所だけパラパラと読むには面白かった。

 

『悪魔を憐れむ』西澤 保彦

・匠千暁シリーズ

久々のタック視点だったので、あれ?タックはこんなキャラだったっけ?となった。

広告を非表示にする