お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

6~11

『ホラー映画で殺されない方法』 セス・グレアム=スミス

ホラー映画の原作やプロデュースを手掛ける著者が自身の経験からテラーヴァースに入り込んでしまったときの対処法を教える

フィルムメイカーに殺されないためのハウツーがたくさん書かれているんだけど、まったく関係のない行動をして周囲を困惑させる系が面白かった。ホラー映画好きの人だともっと面白く読めるのだろうな、という本。

 

『貧乏サヴァラン』 森 茉莉

旅先の海外で知った味や父・鴎外から教わった味、小さいころに与えられたお菓子。著者の食に対する並々ならぬ熱意が伝わるエッセイ。

『美味礼讃』を著したブリア・サヴァランのように肥えた舌を持ち、幼少時から吟味された食生活だったからか、食への熱量が凄い。あと文句もすごい。

 

『死刑囚最後の日』 ヴィクトル・ユーゴー

ある死刑囚が死刑を言い渡されて執行されるまでの6週間の心境。

その死刑囚が犯した罪も、それが本当に有罪なのか判断できる材料を与えず、宣告され執行されるまでの心境を死刑囚自ら記したという形で描写されている。その材料のなさが、死刑という行為を際立たせている気がする。しかしヴィクトル・ユーゴ―なんて初めて読んだ。

 

『散歩とおやつ つれづれノート(8)』

『川のむこう つれづれノート(14)』 銀色 夏生

言わずとしれたつれづれノート

軽い本が読みたいときについ手が出ちゃう。これぐらザ・日記みたいな本って他にないのだろうか。

 

『図説 シャーロック・ホームズ』小林 司 東山 あかね 

日本を代表するシャーロキアン夫妻がヴィクトリア朝の建築物や風俗からホームズが活躍していた当時を解説

情報量としてはそこまで多くない気がするけれど、当時の街並みの写真や食生活、スコットランドヤードの成り立ちなど分かりやすく説明されている。

 

鹿児島6日目

朝食を遅めにしてギリギリまで部屋を満喫してからチェックアウト。今日は旅行初日以来の晴れとなり強い日差しを浴びながらのんびりと駅まで歩く。駅でお茶して足湯に浸かってから空港へ行こうとしたけど、カフェは閉店だし足湯で温まるには気候的に厳しい。20分後ぐらいには予定より1本早い空港リムジンバスが来るけど、これに乗ると空港で5時間ぐらい待たなくてはいけない。しかし指宿駅で次のバスまでの2時間をつぶすことの方が大変。ということで早々にバスに乗り込み、早々に到着してしまった鹿児島空港だけど、ラウンジが予想より居心地がよく助かった。ちょっとしたスナックも飲み物も美味しく5時間あっという間に時間が過ぎ去る。しかし最後の最後で飛行機の出発時間があれよあれよという間に1時間程遅れで羽田に着いたのは21時頃。リムジンバスの中でサンドウィッチや海苔巻きを食べて夕ご飯とし家に到着後は即お風呂。お疲れさまでした。

鹿児島5日目

美味しい朝食後に砂むし会館へ砂むし風呂の整理券を取りに行くと、昨日から旅館の人に脅され続けていた通りに物凄い混雑で、朝9時にもなってないのに手にした整理券は423番。2時間待ちということで旅館でダラダラ時間をつぶしてからいざ砂風呂へ。砂に埋められるというかつてない状況に脳が混乱して「生き埋めってこんな気分か」なんて考えがよぎる。体のすみずみまで熱気が伝わり、ドクンドクンを体中をめぐる血流を感じる。この感覚は岩盤浴ともまた違う。しかしこのたった10分(その後の入浴施設にかかる時間は含めず)のために3時間待ちとかやばい。併設の入浴施設は砂を落とす程度で済まし、お昼ご飯に代わるたこ焼きやおやつを買ってさっさと旅館に戻る。留守中にお願いした清掃も済んだ部屋でのんびりお風呂。まさに極楽。まさに贅沢。夕ご飯は今日も美味しかった。

鹿児島4日目

鹿児島は朝から大雨。昨日の夜コンビニで買っておいた朝食を部屋で食べてチェックアウト。予約しておいた駅までの送迎バスに乗って鹿児島中央駅、そしてそこからは電車で指宿へ。指宿駅に到着すると雨は弱まっていた。事前チェックしていたお昼ご飯のお店が開いていなかったので第二候補の青葉で温たまらん丼とカツオの漬け丼、とりわさを頂く。初めてのとりわさだけでなく他の料理も美味しくてよいお店だった。駅前の足湯に入って足の疲れを取り、ホテルへ向かって歩く。チェックインした部屋は露天風呂付の離れでここ数か月膨らみ続けた期待をまっすぐに受け止めてくれる素晴らしい部屋でした(部屋に通されるや否や、やる気のあるうちにと向かった海と空が一体となると謳われる大浴場は写真詐欺ですぐ帰ってきた)。個室で頂く夕ご飯はとても美味しかったし、部屋付きのウォーターサーバーで水を大量に摂取しながら入る客室露天風呂は最高だしで大満足。

鹿児島3日目

今日は与論島から発つ日。朝食を昼食に変えてチェックアウトぎりぎりまで部屋でのんびりする。昨日は空港まで歩いてもいいかなんて言っていたけど雨風が強く、結局、昼食を食べた後に送迎バスで空港に送ってもらう。しかし鹿児島から来る飛行機が到着しなければ欠航もありえるという状況に陥り、待合室でじりじりと待つことしかできない状況に。午前中の奄美大島行きが欠航となったことを知りハラハラしたけど結局2時間程遅れて鹿児島に到着。ドーミーにチェックインして早速街に繰り出すも、予約時間を遅らせてもらった夕食には早すぎるということでむじゃきのシロクマを食べに。予想外の行列に私が負けて持ち帰り用のミニシロクマを立ち食いする。ふわふわで美味しかった。その後も夕食への時間つぶしに1時間以上街を彷徨ったことで、飛行機の遅れでできないと思っていた観光を済ませ予約していた黒福多へ。満席で行列で予約しなければ入れなかったので夫に感謝。しゃぶしゃぶととんかつを平らげホテルへ戻る。旅行後半に備えて洗濯機を回し、私は飛行機待ちの疲れからか眩暈がしたのでさっさと横になる。

鹿児島2日目

朝食ビュッフェを美味しくいただくも天気は微妙。

予報では降水確率70%なのでレンタサイクルやレンタバイクをやめて徒歩で島を回ることに。まずは与論駅へ向かい、そのまま島の外周を歩いて茶花市内に入ろうとしたところで雨が降ってくる。市内でウロウロしているうちに雨が本降りになってしまいお腹は空いてなかったものの近くにあったお店に入ってランチにする。お昼を食べながら雨をやり過ごした後は、図書館で時間を調整して島周回バスに乗る。バスに揺られながら景色を楽しむもバスは最初から最後まで貸し切り状態。一周して乗り込んだバス停に戻ったらその後はまた歩いてホテルまで帰る。着いたころには夕方で今日の予定は終わり。夕ご飯は昨日の店の隣にある郷土料理のお店で。途中で三線での島唄ライブが始まる。

鹿児島5泊6日

なにしろGW等の繁忙期の旅行は初めてなため、念を入れて予定より一本早いリムジンバスに乗り空港へ行くも荷物を預けるカウンターには長蛇の列。前日に機内持ち込みサイズのバッグに変えて旅支度をしたのは正解だった。保安検査場はわりとスムーズに進み、そのまま空港ラウンジへ。羽田の空港ラウンジはとてもきれいで、飲み物だけでなくクロワッサンも無料。というわけでここで朝食をすます。飛行機は離陸時間が少し遅れたものの順調に那覇空港へ到着。ここで与論島への乗り継ぎをする前にお昼ご飯にする予定だったけど、レストラン等はなく売店の立ち食い沖縄そばでお昼ご飯に。

与論島へ乗り継ぎする搭乗ゲートは20年前の記憶のまま。バスでプロペラ機へ向かいこちらも順調に与論島へ到着。降り立った与論空港も記憶のまま。宿泊予定のプリシアリゾートも記憶のまま。逆にすごい。ただし泊まる部屋はリニューアルされており水回り含めてとてもきれいでこれは完全に予想外。

チェックイン時に予約をしていた翌朝の百合が浜ツアーが天候の都合上、今日か明日の夕方に変更となったと説明を受け、今日の夕方にお願いする。足元が少し濡れますので……と事前に言われていたけど、船に乗りこむ時点で足首まで完全に海に入る状態となり、もういっそのことと靴を脱いで裸足に。周りはみんなビーサン系の足元で私たちだけスニーカーだった。百合が浜は砂浜は見えるも基本的に常時波に洗われる状態。記憶にある百合が浜のほうがひろーく出ていたわ……などと思いながら海に入るのも20年ぶりなので感触を楽しむ。

夕ご飯はホテル敷地内の地中海料理のお店で。日が暮れた後に部屋まで帰る道のりは真っ暗闇とはこのことという感じ。