お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

32~36

『毎日はシャボン玉』

『気分よく流れる』  銀色 夏生

つれづれノート(6)(7)

苦手なイカちゃんが出てきてしまったので読み返しはこれで終わり

『新潮』

・豪華な執筆陣での2017年の日記リレー

面白かったのだけど、言葉を扱うプロとも言える人が総理大臣の名前をカタカナ表記にしてるのを目にして読み始めて早々にがっかりする

『デジタル一眼カメラの基本ノート』

・カメラの選び方から専門用語まで初めての人向け

まったく一眼カメラに興味がない中なんとなく借りてきて、書かれていたデジタル一眼タイプ別チャートを試してみたら「あなたはコンデジで十分」と診断されて笑ってしまった

 『どこから行っても遠い町』川上 弘美

・小さな町を舞台にした連作短篇小説

小さな町を舞台にしたていて、それぞれの人生がゆるやかにつながっている。優しいだけの話ではなく、危うさや寂しさをはらんでいた。ところでこういう本は文学のジャンルでいうと何なのだろう。

 

 

あれから何一つ事態は進展していないけれど、私の心が少し落ち着いてきたので時は穏やかに流れていると思う(多分)。正直、落ち着いてきたというより諦めに近いのかもしれないというのはここだけのお話で。そして、それが理由なのか、若しくはただの偶然なのかは分からないけれど、最近は「食欲がない」という私の人生においてはなかなかレアなイベントが発生し、さらには睡眠時間までもが少ない。「それ」が理由というよりも、「それ」が気づかない振りをしていた数々のモヤモヤを静電気みたいにたくさん引き寄せ、私の頭の上に綿あめのようになって乗っかている……ような感じ?

不惑の年が近づいているけれど、不惑とは何だろうか。

27~32

『最初の、ひとくち』益田 ミリ

・食べ物、飲み物にまつわる最初のひとくち目の思い出を書いた食エッセイ

文章が本業ではない人(だよね?)のエッセイは癖がなくて読みやすい。他の人もそうだけど、なんで小さい頃のことをこんなにはっきり覚えてるのだろう。もしくは文章や絵に関わる人はそういうものなのだろうか。

『言えないコトバ』益田  ミリ 

・世間で耳にはするけれど、恥ずかしかったり抵抗があったりで言えない言葉についてのエッセイ

この人はなかなか細かい人だ……。

『毎日はシャボン玉』銀色 夏生

つれづれノート(3)

多分これも昨年あたりに読み直している。

『遠い島々、海とサボテン』銀色 夏生

つれづれノート(4)

これは久しぶりに読んだ。ムーちゃんと別れるところは読みたくないので、いつかいつかとドキドキしながら次の巻を手に取る。

『しずかな日々』椰月 美智子

・『僕』が母親と離れ祖父の家で過ごした日々、人生のターニングポイントとなったあの日を思い出す

解説にもあったけれど、本文はほぼ子供時代の夏休みの話で、そのような話はありふれていると言っても過言ではないと思うけれど、そんな感想は一切持たず読み進めることができたのはなぜだろう。

 『ミス・マープルと十三の謎 』アガサ・クリスティ

ミス・マープルのオムニバス短編集

ポアロ派だったので、初ミス・マープル。今のところまだポアロ派だなあ。

 

先日の投稿から冷静になれないなりにも考えてみたけど、やはり今は自分のことは二の次だと思うし、そんなのあたりまえだった。私みたいに「暇があれば寝る」タイプでは決してない夫が死んだように眠ってるなんて一大事だし、ここで力にならないで何が夫婦だと(めちゃくちゃ自分を鼓舞してます)。

必要があれば、悲しいけれど私も働き方改革(私の場合は労働時間を増やす方向で)をしよう。だいぶ悲しいけれど。

どうすればいいかは相変わらず分からないけど、気長に見守ろう。聖人のように常に優しくはなれないけど、できる限り精一杯優しくしたい。たまにはため息のひとつぐらいつくだろうけど。

 

久しぶりにここで日記みたいたことを書いたけど、やっぱりこういうのは大切かもしれない。まあ、ここまで書いておいてなんだけど、正直泣きたい。

休日家に一日いると「時間を無駄にした」と口にするような夫が、先週からご飯とお風呂トイレ以外はずっとベッドで横になっている。夫のことを思うと親にも言えずツイッターにも書けずで、現世から一番遠い気がするここに吐き出したい。意外とツイッターはこういう重い愚痴には向いていない。

思えばおかしくなり始めていたことには3月初旬には気が付いていて、1週間ぐらい様子を見てから「クリニックに行ったほうが良いのではないか」とおそるおそる進言すると、自身でも気が付いていたのか夫は素直にそれを受けて予約。本当は飛び込みでも行けるのではないかと思って電話させてみたのだけど、最短でも1週間後とのこと。話はずれるけれど、いま心療内科はどこも混んでいる。私が言っているところの先生は顔を合わせるたびに顔色が悪くなり、サイズが縮んでいるような気がするぐらいだ。閑話休題、それまでは何とか持つかなと思っていたけど、土曜のお墓詣り後に寝込み、日曜はいつも早起きしていく趣味のスポーツにもいかずベッドで寝たきり。そして翌月曜の勤務後、気晴らしで行ったその趣味の先で失神からの救急病院へ搬送。もうそこからは会社に行くことなくこのまま休職です。夫は病院のベッドで少し暴れた。倒れたことがショックだったのだろう。

なんかもうどうしていいか分からない。

過去、自分が倒れた時はまだ独身で、夫は海外留学中。かといって親に頼ることもしなかった。親と言えど他人。自分の気持ちがわかるはずもなく、話下手の私には伝える力もない。それに他者と接するだけでストレスがたまるという私の性格もある。一人でとことん落ち込んでなんとか復活したけど(症状が軽かったことが一番の幸運)、それが自分にだけ効く方法ということは自覚しているので、繰り返すけどなんかもうどうしていいか分からない。

そもそも私は別件で15年もの長い間、深く深く悩んでいたことがあったが、今年に入ってからあることをきっかけに爆発した。というか心が完全に追い詰められて、それを何とか夫に言葉にできたところだった。改善に向けてお互いが動き始めた時だったのに、こんなことになった。夫が今それどころじゃなくなってしまったことは痛いほどに理解できているけど、それでも心が付いていかない。自分がご飯も食べられなくなって涙が止まらず夜も眠れなくて、怖くて夫に触れられなくなったことはこのまま流されてしまうのかという思いが頭から離れてくれない。毎日同じ時間に欠かさず飲む薬など全く無意味なものになった。それでも、無意味でも私は飲み続けている。毎日その時間にあの辛い気持ちがフラッシュバックする。そして夫は私がその件でここまで追い詰められていたことなど知らないだろうと思うと、今堂々と体調を崩せる夫を見るだけで悲しくなる時もある。そんなこと考えるのは間違っているのに。もっと優しくしてあげなくてはいけないのに。

19~26

『お縫い子テルミー』栗田 有起

・流しのお縫い子・テルミーが島から上京し、歌舞伎町で恋に落ちる

素敵な話だった。邦画の雰囲気に合いそうなので映像化されてもいけるのではと思った。短編ではなくて1冊分として読みたかったな。この著者の他の作品も読んでみようと思う。

つむじ風食堂の夜吉田篤弘 

・十字の角にあるために常につむじ風が吹くところから「つむじ風食堂」と呼ばれている食堂に集う人々が織りなす、静かな夜のような物語。

先日読んだ本の前作に当たる本だと調べて読んでみたけど、舞台である土地は同じだけど姉は?方向音痴の姉が出てるんじゃなかったっけ?

『R.P.G.』宮部みゆき

・住宅街で殺された男性はインターネットの掲示板上で「疑似家族」を作っていた

読んでないだろうと手に取ったら既読本でした。だけれども面白いので再読。

『孤宿の人』上下 宮部みゆき

・阿呆の「ほう」と名づけられた少女が江戸から金比羅代参に連れ出され、岐国・丸海藩に捨て子同然置き去りにされる

最後は涙がとまらず頭がガンガンと痛む。泣く作品は本でも映画でも避けてるのでこういう予想外の出会いは辛い…とカバーに隠されていた裏表紙のあらすじを読んでみたら『感涙の傑作』と書いてあって……私は……。それにしても架空の藩を作り出したりと、何もないところからここまでの物語を作り出すって小説家というのは本当にすごい。

『ハミザベス』栗田 有起

・顔も知らない父親から遺産としてのマンションを、遺産管理人からハムスターを引き継ぐことになった

この著者の書く主人公は自らの歪みを歪みとして正すことなく受け入れ自分の人生を生きていっている感じがする。強いというよりも、しなやか。

『鬼の棲む家』吉村 達也

・新婚の上村華子は夫の亮介を殺害した。背景にDVがあったこと知った華子の父親は娘の無罪を勝ち取るために動き出す

勝手にホラー小説だと思い避けてたけど、内容紹介からミステリーであることを知り読んでみた。読み終わった後に「あ、あの部分はどういう風に書かれていたっけ?」等と読み直してしまう本。

『酸っぱいブドウ/はりねずみ』ザカリーヤー・ターミル

・寓話性と風刺性に満ちたシリア文学、短編集

文化が違いすぎて、なかなかストンと体に入っていかない。やはりイスラムやシリアの文化をある程度は知っている方がよく、本を読むにも知識が必要なことを改めて感じた。

15~18

つれづれノート』銀色 夏生

つれづれノート第1作目

久しぶりに読み返してみるかと思ったけれど、去年も同じように考えて読み直していた。

侠飯福澤徹三 

・トラブルに巻き込まれ突然家にやくざが転がり込んできてしまった大学生との不思議な生活(主にご飯)

漫画が原作かと思っていたけど小説だったのか。最後まで面白く読めたし、読了後はむしろすがすがしい気持ちになった。なんでだ。

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』山田ズーニー 

・小論文や文章表現に精通している著者が教える実践的なコミュニケーション技術

おとなの小論文教室って一時期話題になったような。参考になったかは分からないけど、いくつか「なるほど」と思える個所はあった。今、著者について調べてみたけど完全に男性かと思っていたけど女性だった。

『夫婦で行く旅の食日記』 清水 義範 

・目と舌の記憶だけを頼りに、旅先で出た料理を再現することを楽しみにしているご夫婦の食日記

レシピが載っている等、なかなか実用的。日記としては「お酒好きだと大変だな~」という感想