お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

15~21

『この道はいつか来た道』北原 白秋

・「この道はいつか来た道」など44編を収録

「この道はいつか来た道」を改めて読んでみたかった。

 

『誰か、食べてくれませんか』家原 利明

・人々は飽食の末、人間のクローンの肉を食べることに手を出した。クローンは現在でいう家畜のように育てられ食肉として売られていく世界。

主人公となる誰かがいるわけではないので、途中少し冗長というか飽きてしまう部分もあります。衝撃的(今更そうでもないけど)な題材を扱いながら実は現在の(または近い将来起こり得そうな)歪みを書いていると思う。

 

『わたしはこうして執事になった』ロジーナ・ハリソン

・18世紀後半〜第二次大戦前のイギリスで、執事という職業に就いた人たちの経験談

日の名残り』や『ダウントン・アビー』を思い出しながら読んだし、職場内の雰囲気がリアルに伝わってきてよかた。

 

『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』鈴木 伸子

・高度経済成長期に建設された、昭和の香りただようビルの紹介

私もこの時代にビルが好きで、有楽町周辺に行くと、何度も目にしているのにニヤニヤしてしまう。丸みを帯びた窓枠等、当時考える「未来」を体現した姿に心が震える。

 

『超入門 ボブ・ディラン』中山 康樹

・ディランは「難解」ではない

ボブ・ディランに何の興味もないけれど、一般教養ぐらいの気持ちで手に取りましたが、ダメ……全然ダメ……読むのがつらくなるぐらい合わなかった。

 

『君がいない夜のごはん』穂村 弘

・「食べ物」をテーマにしたエッセイ集

読み始めて「あ、著者は女の人じゃなかったんだ」と思ったぐらい何の前情報もなしになんとなく手に取ったけど、おもしろかったな。食に強いこだわりがあるわけではない人が書く食のエッセイが私にはあっているかも。作中にあった牛乳の詩がとても好き。

 

『地を這う祈り』石井 光太

・少女売春婦、ストリートチルドレン、物乞い……そういった人々への思いを書き、姿を写す

ノンフィクション好きなので、こういった本は結構読んでいるけれど、何度読んでも気が滅入る。写真から臭いが伝わってきそうで、本から少し距離を取る自分に気が付き、さらに気が滅入る。

 

 

会津2日目

チェックアウト後荷物を預けてまずは会津若松城鶴ヶ城)へ。今日もぐるっとパスでバスを使います。

城内へは行かず、周りをぐるっと歩き、その後は飯盛山へ。正直、白虎隊を美談に仕立て上げることには納得いかないことが多いのだけど、その場に行くとそんなことは関係なく、しんみりしてしまう。それにしても美談からの商売っ気はすごいなあ。心が追い付かないです。逃げ道に使った洞窟を見ると冷たかっただろうなあ……って辛い。

お墓や自刃の場へ向かう途中に憧れのさざえ堂へ。やっとこれた。思ったより小さかったけど、すごい建物だよね。

その後は七日町駅前でバスを降りて「大正浪漫の雰囲気のただよう七日町通り」を歩くけど、なんかピンと来ず。行きのバスに乗っていた時に見つけたイタリア料理店で美味しいランチをいただいてホテルに戻って荷物を引き取り終了です。

会津1泊2日

上野から郡山まで新幹線。そこから先はTwitterのフォロワーさんに勧められた磐越西線会津若松へ。途中からエリアに入る「会津ぐるっとパス」を購入。結果的にこれは大変お得なパスでした。

いつも通りホテルに荷物を預けたあとは駅前にあったお店で喜多方ラーメンソースカツ丼のセットでお昼ご飯。

満腹になったので、会津線に乗って大内宿へ。会津線は今まで乗ったローカル線のなかでも個人的上位に入る素敵な車窓。湯野上温泉駅で下車してするとバスが最終の一個前の便。大内宿では1時間半程しかいられませんよ、と言われたけどまあたぶん大丈夫。

大内宿は道沿いの建物が9割お土産屋さん。だらだら~と一回りして、道から外れた神社に行っても30分ぐらい。時間があるのでもう一周して、柿のパフェを食べました。

バスに乗って電車に乗り換えて会津若松へ。ホテル宿泊者特典で行けるスーパー銭湯で汗を流して夕飯はコンビニ。

宿泊者特典なので文句言うのもあれだけど、スーパー銭湯最悪だったわ。

角館・盛岡2日目

昨夜ホテルで気が付いた「福田パン」の存在。そうか、噂のコッペパン屋はここだったのか!と乗り放題チケットを購入して周遊バスで向かいます。あらかじめ情報を調べていなかったので、まごつきながらもなんとか購入。

パンを手にしたまま向かったのは石川啄木新婚の家。早めの時間だったので他に誰もおらず、風が通る気持ちの良い家で少しのんびりしました。教科書にも載ってる人がここに居たかと思うとなんか不思議な気持ちになる。その後は櫻山神社からの盛岡城址公園へ。公園のベンチで先ほど買った福田パンを食べました。神社や公園から見る景色は特別なものはないけれどとても気に入ってたくさん写真を撮ってしまった。

ちなみに今日は昨日と打って変わってとても暑い日で、うだりながらも街をうろついていると岩手銀行赤レンガ館を発見。無料見学ゾーンがあるので、観光がてら少し休憩。てっきり外観しか見学できないと思っていたので、外から伺うように中を覗いていたのですが、受付の男性が「せっかく来たんだし寄って行って下さ~い。無料でも見れますよ」と声をかけてくださったので感謝です。

後は「光原社」に向かって観光は終了。「可否館」は外観だけ見ました。あの一角は素敵な雰囲気ですね。

駅前に戻ってぴょんぴょん亭で冷麺を食べて東京へ戻ります。

角館・盛岡1泊2日

こまちに乗って角館へ~。赤いこまちは格好いい。

角館に着いたら予想通りの雨。さらにお昼ご飯のお店に腰を下ろしたら激しい雷に豪雨ときて完全にテンションが下がる。ひとまず外に出られる状態までお店で時間をつぶし、その後は雨の中武家屋敷を歩きます。想像していたより大きな通りで、桜の時期はすごいだろうなあ。完璧な観光とはいかないまでも最低限見ることができたので、盛岡へ。ホテルにチェックインしたら、いざわんこ蕎麦。挑戦するのは夫だけで、私は天ぷら蕎麦。83杯を平らげる様を見ているだけでも面白かった。

食後の腹ごなしに盛岡駅を散策してお土産屋さんを冷かしてホテルに戻りました。

福井・彦根3日目

ホテルに荷物を預けていざ、ひこにゃんへ……ではなくて彦根城へ。

中世山城ではなく近世城郭なのですが、堂々としたお城です。石垣も少し荒い雰囲気。しかし私の最大の目的はひこにゃん

一通り見学した後は、ひこにゃんが登場する時間と場所(天守前)をチェックしてあとは近くで時間をつぶすことに。ベンチに座る夫をおいてふらふら歩いて景色を眺めていたら、知らない男性(いわゆる説明おじさん)に話しかけられる。20分ぐらいかな、色々説明してもらっていたのですが、ひこにゃんの時間が心配になりちらっとスマホで時間を確認すると、男性が「あ!時間ない?」と。「ひこにゃんを待ってて~」と言ったら「ひこにゃんここ(天守前)じゃないよ」と衝撃的な一言。なんと入口の博物館前に登場するらしい!あと数分だったので、急いで夫のもとへ。男性も一緒に走ってくれて近くにいた係の人に確認してくれました。早く行ってきな!と送り出してくれる男性に「楽しかったです。もう少しお話聞きたかった」と社交辞令ぎみでお礼を言ったら「一人だったらもっと案内してあげられるのにね」と。うん?

二人で速足で下るも博物館前にはすでに人だかりでひこにゃん登場済み。でもゆる~いパフォーマンスだったので数分の遅れは何ら問題なく、ひこにゃんを思う存分満喫できました。ただ、私たちと同じように天守前で待っていたと思われる大群が下に降りてきた時にはひこにゃん退場寸前で可哀そうだった。

おじさん、ありがとう。

その後は城下町を歩いて、夫が調べていたお肉のお店でお昼ご飯。すごく美味しかったです。柔らかすぎず、程よい噛み応えで「肉」という感じだった。

一通り見終えたので、有名なサラダパンを探しつつ駅へ向かいます。途中にあったスーパーでたまたま販売日だったので無事ゲットできました。それでは東京へ帰ります。

 

福井・彦根2日目

2日目は東尋坊へ向かいます。チェックアウトしてえちぜん鉄道三国駅へ行き、そこからバスです。三国駅でバスを待つだけでも暑いです。曇り空なのにね。

バスで降りた先は想像より「観光地」の東尋坊。まるで海水浴場へ向かうような浮かれた雰囲気のお店が並んでいる通りを抜けるとあの光景が。私たち夫婦は怖がりなので、だいーぶ遠くから眺めてました。私はわりとあっさり満足して、夫が双眼鏡で景色を見てるのをただぼーっと眺めていたり。帰りのバスまでは時間があるけど、お腹は空いてないということで1件だけあるお洒落なカフェでお茶をすることに。東尋坊自体は混んでるのになぜかカフェはガラガラ。これはチャンスとソファ席でしばらくのんびりしていました。

帰りのバスは三国湊で降りて散策。雰囲気のある街らしく、まああるのだけど、なんというか、こう、見どころが散らばっているので感想としては谷中みたいな?ああ、でも銀行の建物は素敵だったなあ。

そしてここもやっぱり暑くて暑くて。途中で嫌になるぐらい暑い。一通り歩いて三国湊駅へ着いた頃は汗でぐしょぐしょです。チェックアウトしてるから荷物もそれなりにあるし大変でした。

その後は彦根へ向かいます。福井へいったん戻って着いた彦根ひこにゃんが全然いない!ぐいぐいひこにゃん推しでくると思っていたのに…。駅前のロータリーへ向かうエスカレーターの前に気持ち程度のひこにゃんを見つけたのと、ロータリー自体には2か所ぐらい?

とにかくチェックインだとホテルへ。ホテルは古いけれどひこにゃん推しだし、きれいに掃除された部屋にはウエルカムひこにゃんもあって安心しました。

夕飯のために彦根城の方まで歩くことに。ホテル(駅前)からは少し距離があります。城周辺の観光は明日の予定なので、なんとなくチェックしつつ親子丼を夕ご飯にしました。