お寿司とトマト

お寿司とトマトが好きです

11〜18

シャーロック・ホームズと見るヴィクトリア朝英国の食卓と生活』関矢 悦子

目玉焼きじゃないハムエッグから「いのちの水」ブランデー、面倒な結婚手続きや教育に遺産相続まで。ヴィクトリア時代の市民生活をシャーロック・ホームズとともにとことん調べられた本。

基本的にシャーロックホームズに沿って書かれているのだけれど想像よりがっつり資料が参照されていて、ホームズはあくまで入り口でヴィクトリア朝時代の生活についての記述がメイン。

 

『富岡日記』和田 英

富岡製糸場で伝習工女となり、その後長野で日本初の民営器械化製糸場(六工社)の指導員となった女性が書いた日記。

日記というか回顧録。私たちの感覚からいうと10代後半であんなにしっかりと勤め上げられるのかと驚くけど、すべては時代と家庭での教育なのかしら等と。地元での製糸場立ち上げ最初の年、色々もめたけれど著者が自分を曲げずに戦ったおかげで結果が出た時は私も喜んでしまったけれど、その数ページ後のストライキには笑ってしまった。お母さんもよかった。ただ唯々諾々と従うだけではない自分をしっかり持った強い人。

 

『BUTTER』柚木  麻子

男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された梶井への取材を試みた主人公は面会を重ねるうち、梶井の言動に振り回されるようになっていく。

某事件をモチーフにしたであろうこのお話。タイトルの通り濃厚で読んでいる途中は胸やけがしそうだった。

 

『復讐の女神』アガサ・クリスティー

ミス・マープルシリーズ最後の作品。

ドラマ版では落石が室内での事件に変わっていて、その変えた理由がよく分からなかった。最後のあのお金でミス・マープルは何をしようとしたのか、それが知りたかったな。

 

『火曜クラブ』アガサ・クリスティー

ミス・マープル初登場の作品を含む短編集。

先に触れたこともあってか昔は断然ポワロ派だったのにプライムビデオでジョーン・ヒクソン版を見てからミス・マープル派になってしまった。女優が語り手になる回の皆の辛辣な感想に笑った。

 

『猫を棄てる』村上春樹

著者の父親(自分のルーツ)について語った本。

エッセイというか、物語(フィクション)ではない村上さんの本は初めて読んだ気がする。雑念(?)無く読むとこの人の文章はこんなにも読みやすいのかと驚いた。この本だけでなく他の物語もなんだけど、過去を語っているかのような感じを受けるなとふと思った。(その物語自体が過去の話という設定でもなく、もちろん実際にあった過去という意味でもなくて、あくまで雰囲気の話)

 

『誘蛾灯』青木理

鳥取連続不審死事件。鳥取の寂れたスナックに勤務していた女性が4人が元警察官や記者などの男性を次々に絡めとる。 

著者によると木嶋被告の事件と裏表をなすような事件でエンタメ性に満ちた木嶋被告とは違い上田被告はとにかく不可解とのことだけど、私は上田被告の方が個人的に理解の範囲内というか、ああこういう女性はいるよねと思う。あと、内容に関係ないけどこの著者はよくテレビに出ていた人なので、モノローグ部分は「あの人がねえ…へえ…ちょっと芝居がかってない?」みたいな感じで読んでしまうよね。

 

QED 源氏の心霊』高田 崇史

QEDシリーズ最新作。

源平時代なのでちょっと新鮮。平家物語を読んでみたくなった。ところで『奥さん』ってこれやっぱり既婚じゃないですか。

1~10

『お砂糖とスパイスと爆発的な何か』北村 紗衣

映画やドラマ、演劇をフェミニストの視点で自由に読み解く

フェミニストという言葉が侮蔑的な呼称となりかけている昨今、正直フェミニストフェミニズムがよく分かっていない私。「作品をフェミニストの視点で」とはいうものの、もはやこじつけではという感じ(二次創作の考察厨みたい?)でどうにもしっくりこずフェミニズムの入門編にならなかったな。 

 

『死刑執行人サンソン』安達 正勝

代々パリの死刑執行人を務めたサンソン家四代目の当主であったャルル─アンリ・サンソンが歴史に名を残すことになったのは、他ならぬその国王と王妃を処刑したことによってだった。

王の名のもとに死刑を行っているのに被差別民となってしまう矛盾。先祖や父親を否定しないように別の職業につくことが認められないという考え方にはなるほどと思った。敬虔なカトリック教徒であり、国王を崇敬し、王妃を敬愛していながら死刑を執行する。すべてが重い。

 

『心理学の神話をめぐって』

「狼に育てられた少女は実在する」「心理学を学ぶと他人の心を読めるようになる」、そんな情報を鵜呑みにしてしまう前に立ち止まって考えよう

「第1章 人間の心のクセを紐解く」で正常性バイアス等名づけられた思考の癖の数々が次々に説明されて、読めば読むほど「人は自分で考えていると思っているが、結局決められたルールの上でしか考えられないのでは」となり少なからずショックを受けてしまった。

 

『依存』/『黒の貴婦人』/『身代わり』西澤 保彦

タック&タカチシリーズ

再読

 

『注文の多い注文書』小川 洋子

ないものがある「クラフト・エヴィング商會」に寄せられた5件の注文。

感想を書こうと思って調べたら創作ユニットとして「クラフト・エヴィング商會」があるのね。納められた品物の写真はもちろん注文書も納品書もじっくり丁寧に読んでしまう、そんな作品。

 

『優しい鬼』レアード・ハント

南北戦争以前、横暴な夫のもとに騙されて来た女性が、二人の娘たちと暮らし始める。

主人公の人種がなかなか定まらず、家族構成も文章から推測していく必要があるのに加え、時系列通りに書かれていない、語り手が変わるといった書き方で読み進めるのがなかなか難しかったが、読み終えた後すぐ2週目に挑んだ。鬼の正体が怖い。

 

『西洋美術入門 絵画の見かた』池上 英洋

作品が作成された当時は、みな了解の上だった名画の中にある隠されたテーマ、驚くべき超絶技巧などのひみつを、実際の絵を見ながら解き明かしていく。

似たポーズ、構図で描かれた裸婦絵も、象徴であるバラを持たせてヴィーナスを表した物は評価され、首の黒いリボンや脱げかけたサンダルで娼婦を表現したものは糾弾されたのだそう。

 

QED ~flumen~ ホームズの真実』高田 崇史

再読。

発売された当初は「二人はつきあってるんだろうけど、なんかあの曖昧だけど確実に普通ではない謎の近すぎる距離感が悪化した可能性もゼロではない……」なんて思っていたけど、現時点での既刊をすべて読んだうえで読み返すと確実にお付き合い始まってますな。

今年の目標はそうだな……I字バランスはきついからY字バランスができるようになろうかな。キックボクシングを習いたいのだけど、現状ジムに入会するのはリスクが高すぎるのでそれまで自力で股関節を柔らかくしていきたい。

あとは貯金をもう少し増やしたい。個人分と家計の現金貯金を増やすのが目標。 

それにここ数年かけて服を減らして快適になったのはいいけど、着回しできる無難なものばかりが残ってしまったので、そういったことを気にせずキレイな色のものを冬・夏用で1着ずつ欲しいな。

2020年の旅行はコロナの隙をついて黒川温泉と熱海へ。カレンダー的に2020年は海外旅行イヤーでチェコポーランドをまわる予定だったので……もうほんと……。ことりっぷも買ったのになあ。

まあでも国内に2回行けただけでもよかったとするよ。

まとめ

今年は32冊。スマホの時間が減らせないので、もう今後もこんな冊数だろうと思う。

それに去年に続き今年も入り組んだ話を読みたくなくてつれづればかり読んでいた。新刊は読みやすくなっていて助かった。

心に残ったというか正直内容はだいぶ忘れてるけど、読んだ本のタイトルを見返すと『77便に何が起きたか』『烏に単は似合わない』が楽しかった記憶が……。本を探すのって難しいな。

来年も読むよ~。

27~32

『頭の中身が漏れ出る日々』

『生きていてもいいかしら日記』北大路 公子

この著者についてもう全く何も知らずに手に取ったけど面白かった。冬道で転んだまま寝ようとしたところを、通りすがりの人に「死にますよ」と起こされたところで噴き出した。

 

『スーパーマーケットでは人生を考えさせられる』銀色 夏生

スーパーマーケットで起こる出来事や出会う人々から人生を考える。スーパーマーケットでの観察日記。

著者の別の作品のつれづれと似ていたし、つれづれで書かれていた事と繋がっていて、読んでいると「ああ、あの時期の話か」と思う部分があって面白かった。

 

『次元上昇日記』辛酸 なめ子

アセンション=次元上昇」を達成するため試行錯誤の日常記録。

仕事柄か華やかな集まりに行く機会が多いのに、そこで誰とも打ち解けられない様子に共感し悲しみを感じるけど、まあ実際の所はどうなのか分からないか。

 

『知ったかぶりの社会保険 女性社労士の着眼力』 田島 雅子

頻繁に制度改正が行われている今、社会保険に加入していない会社や個人事業主に向けて身近な内容を嚙み砕いて説明している。

確かに分かりやすいのだけど、何もよく分かってない、著者が想定した読者とは異なる私にとってはあと少し足りない感じ。それを説明するならあれの話から聞きたいなんてことがちらほら。

 

富士日記(下)』 武田 百合子

富士山麓にある別荘で過ごした記録。

こんな静かで悲しい終わり方だとは思わなくて大晦日にしんみりしてしまった。

 

 

18~26

『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』John Thackwray

世界55ヵ国、今を生きる若者のベッドルームを天井から写した写真集

読む前に想像していた物とは少し違ったけれど、最後まで興味深く見ることができた。最後の写真に写っているフランスの女性が言った「もちろん歴史・文化の違いもあるし、自分が恵まれているから言える事だとは分かっているけれど自分だけの部屋は誰にでも絶対必要なもの」(うろ覚え)という言葉に「ほんと、余裕のある白人って感じの言葉だな」と正直思ってしまった。

 

『ネオナチの少女』ハイディ・ベネケンシュタイン

ネオナチの家庭に生まれ育ったひとりの女性が、その思想と葛藤し、極右の世界と決別するまでを描いた手記。

著者も記しているけど「ネオナチ」ではなく、第二次世界大戦から連綿と受け継がれてきた「ナチ」なのだろうと思う。私より年下の女性がこういう生き方をしていたことにも、上流階級の人たちがそういう集団や教育を維持し続けていることにも驚いた。民族や人種に究極的な価値を置く政治姿勢には(自分がそこに当てはまる存在であればなおさら)やはり惹きつけるものがあるのだろうか。社会に不満を持つ若者と相性がいいというのはとてもわかる気がするけれど。

 

『コミュニケーションの強化書』くまごろう&アソシエイツ, 監修:篠崎 晃一

さまざまな初対面を乗り越える強化書

目新しいことが書いてあるわけではないけれど、最初の方に書いてあった「相手を観察する」「いつも意見を合わせる必要はない」「深呼吸&リラックス」は本当にそうなんだよ、私よ。

 

『銀座界隈ドキドキの日』 和田 誠

最先端の銀座で若者たちが才能をぶつけ合った勢いのある時代。その真っただ中にいた著者が懐かしく輝いていた日々を書く。

戦後の勢いある時代を振り返るエッセイは「あの勢いのある素晴らしき時代を生きたオレたち」と大体どこかに鼻にかける感じがしてあまり好きではないのだけど、このエッセイはそれらと何が違うのか分からないけど何かが違った。今と比べるような記述がないからかな?

 

『女官』山川 三千子

昭憲皇太后に女官として奉仕した著者からみた女官の生活や両陛下との思い出を綴る。

大正天皇、皇后両陛下以外の人の描写はだいぶ辛辣で笑った。

 

『本当はちがうんだ日記』穂村 弘

歌人 穂村弘のエッセイ。

自意識が強すぎて身のこなしがぎくしゃくしている等、身に覚えがありすぎて素直に笑えないこと多数。自虐的ではあるけど(本気でクズの要素がありそうな部分もある)、実際のところ、いわゆる文系男子のカテゴリーでモテるだろうなあ。

 

『こういう旅はもう二度としないだろう』銀色 夏生

著者の海外旅行体験記。

つれづれを読んでいるので、「あー海外旅行熱が高かったあの頃のことか」と思いながら読む。この著者のつれづれ以外のエッセイを読むのは初めてだけど、あまり変わらないのでこれからは他のも読んでみようかな。

 

富士日記(上)』武田 百合子

富士山麓にある別荘で過ごした記録。

日記文学と言えば『富士日記』、とのことなので読んでみた。初めの頃はそこまででも……と思ったけれどどんどん面白くなってくる。それにしても事故の多さや人が亡くなった時の周囲の反応など、これが同じ日本なのか……という気分に。あと著者のキャラが強烈。

 

『空ばかり見ていた』吉田 篤弘

鋏があれば髪はどこでも切れるということに気がついた理容師が旅に出る。

北斗さんがもっと狂言回しというか常に物語の真ん中にいるのかと思ったら少し違った。「日常の中に潜んでいるファンタジー」系の本はあまり読まないのに、この著者だけはつい手に取ってしまう。文章が静かなところが気に入っている。

熱海3日目

美味しいご飯もこれで最後と朝ごはんをきれいに平らげ11時少し前にチェックアウト。一昨日熱海駅行きのバスを見かけたので、帰りはそれに乗ってみることに。バス停はホテルのすぐそば。20分ほど待ってバスに乗り、初日に廻った熱海銀座やサンビーチ等を通り熱海駅へ。バスを降りるとすぐ先にこれから行く予定のMOA美術館行きのバスが。いそいで飛び乗り無事美術館へ。特に見たい展示があるわけではなかったけれど、建物が有名だし……と。井上涼さんの展示などもありふらふらっと見て回って13時半ごろのバスに乗って駅に戻る。コロナの影響でバスが削減されていてちょっと不便だった。

熱海に着いたらもうすることもないのでお土産を買って一番早い新幹線に乗って帰宅。久しぶりの旅行、よかったなあ。